当ブログで掲載する写真の撮り方

ここでは当ブログで掲載する写真の撮り方を解説します。

ダメな写真の例

まず私に却下される写真の特徴をあげておきます。

  1. 縦長
  2. 距離が遠い
  3. ボケてる
  4. 暗い
  5. 背景に余計なものが写っている
  6. 背景に同化している
  7. 色味が悪い
  8. 美味しそうじゃない(食べ物)
  9. ファイルのサイズが大きすぎる(重要)

カメラは横向きで撮影する

まず写真は基本的に横向きで撮影してください。なぜ横向きなのかというと縦に長い写真はスマホで見たときに記事全体が縦に長い記事になりやすくなり、ユーザーのスクロール量が増えるためです。ユーザーの負担が増えるということはそれだけ離脱率が高くなることを意味します。

縦の画像も合成すると使える

縦の画像も下記のように合成すると横向きで使えます。また、縦の画像も絶対にダメというわけではありません。ただ、できるだけ避けていただけるようお願いいたします。

悪いの例

微妙に遠い

対象物が遠いのはダメです。

ボケてる

近距離の対象物を撮影する際は特に注意が必要です。近距離を撮るときはカメラ自体を近づけるのではなく少し距離を置きピント調整機能を使った方がボケずに撮影することができます。

背景が汚い、別のものが写っている

対象物のみか飾りのもののみ撮影するようにしましょう。

暗い

明るい場所で撮影しましょう。日中の自然光で撮影すると色味が綺麗に出ます。

必要があれば加工する

必要があれば加工しましょう。加工するためのソフトは「Fotor」という無料ソフトがオススメです。

Windows版とMac版があります。

Fotorの簡単かつオススメの使い方

  1. Fotorのシーン「none」か「シャドー」のどちらか良い方を洗濯。
  2. 「調整」→「ベーシック」の「exposure」で明るさを調整
  3. 「エクスポート」→「PCに保存」を選択し、任意の名前をつけ、「リサイズ」横の数値を「600」に指定し、画質は「一般」を選択し保存する。

更新日:

Copyright© https://phonesbyvose.com , 2018 All Rights Reserved.